スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アペ

PA290031.jpg

携帯にやたら着信が入ってて何事かと思ったら
母からいますぐ病院に来て欲しいとの事で、
あわてて指定の病院に行ったら
2011103122280000_20111206114414.jpg←友人(米人)が盲腸かもしれないとの事。
一瞬このあいだ一緒に飲んだカクテル
天国への階段』のせいかと思った(って言ったら怒られた)



友人は初の海外で、初めてのアジアで、
日本語も喋れないのに、緊急手術をする事に。
友人は緊張していましたが、行った病院がすごく良い所で
まずお医者さんが英語ペラペラ。
通訳の為に一緒に診察室はいった自分は用無し、
それどころか専門用語が多くて
所々よくわからなかったよって言う。


執刀医さん以外は英語は無理だったので、
「”大丈夫”は理解できるので、言ってあげてください」
と伝えたら、看護婦さん
(・∀・)「わかりました!大丈夫よ、大丈夫よ」と
言ってました。本当良い人達でよかった。



手術も無事に終わり、呼ばれて手術室に言ったら
執刀医の先生がおもむろに
パックされた友人の盲腸を取り出して
「これが彼の盲腸で、大きさが…」と説明してくれました。
自分の盲腸も見た事無いのに、友人の盲腸を
生で見るハメになるとは思わなかったよ。
人生何が起こるかわからないね!



ベッドに横たわる痛々しい友人の姿に心が痛み
「2・3日で退院できるらしいよ」と告げると、
弱々しくナースコールと手にとって
「これね、何だと思う?…自爆スイッチ」と言って
自分で自分の言葉にウケて腹の傷が引きつって
悶絶していました。まさに自爆。
「日本でハラキリ体験できてよかったね…」と言ったら
また傷にさわったらしく、
手術直後の人間を笑わせないでくださいと
さすがに怒られました。



手術後も問題なく元気そうで
ホッとしました。
英語が喋れてよかったと、
こんなに思った日は初めてです。
あと母が居てくれてよかったー
自分だけならどうすればいいのか
わかりませんでしたから。



友人が今回の手術で一番驚いていたのは、手術代。
何百万円も請求されるかと思ってたらしく、
請求書を見せて「これ本当にこの値段なの?」
「なんでこんなに医療費が安いの??嘘だろ??」
「アメリカだったら新しいカローラ買えるくらいお金かかるよ」
「日本の医療制度すごすぎるわ…」


と、何度も言ってました。そう言えばアメリカって
病院行くの大変なんですよね…
主治医が居ないと緊急診療になる上に、
予約しないといけないし。
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

green fox

Author:green fox
日記に使われる文法が
おかしくてもあまり気に
しないほうがいいです

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。