スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一筆啓上仕り候

514V2xV1ArL.jpg


「まるごと日本の生き物」ってゆう図鑑がすごい面白いです!

図鑑はウチにけっこうあるのですが、持ち歩けるのが
欲しいなと思っていた所本屋さんで見つけました。
(可愛い表紙だなあ)と思ったら
中も超可愛いんですよ、丁寧で絵も素晴らしくて
漢字と英語名も載ってて、全部ふりがな付き(←重要)
誰かにこの興奮を受け止めてほしい

英語名も嬉しいけれど、漢字表記がかっこいいです。
カタカナで覚えていた生き物を漢字に直すと
新しい発見があります


ニホンヤモリ=日本守宮 (家守じゃないの!?)

クサガメ=臭亀     (草亀かと思ってた)

ショウリョウバッタ=精霊蝗 (精霊!?)

ショウリョウバッタモドキ=疑精霊蝗

ヒミズ=日不見 (太陽見ると死ぬとゆう逸話から)



漢字かっこいい


アカショウビンとゆう鳥は渓流に住む赤い鳥で
「赤翡翠」と書くらしく、ショウビンって宝石の翡翠(ヒスイ)
の事なんだ、へー と思っていたら
カワセミは「翡翠」と書く事を知って混乱。



翡翠=ヒスイ
翡翠=カワセミ
翡翠=ショウビン



つまりー カワセミは色がヒスイ色だから「翡翠」で
アカショウビンは「赤いカワセミ」だから「赤翡翠」?
じゃあショウビンって何?



調べてみると、どうやら鳥のカワセミの方が「翡翠」で
宝石のほうは、カワセミの色に似ているから翡翠と
名付けられたそうです。鳥が先なのですね
カワセミって河蝉って書くのかと思ってた
「ショウビン」はカワセミの古語らしいです



最近うちの庭に「見慣れない鳥」が
来たらしく「聴きなれないない可愛い声」で鳴いていたが
なんの種類かわからない。私も鳥に詳しくないので
あゝ、あの鳥はなんといふ鳥でせうね、などと
家族で話をしていました。


そしてついこの間、動物園に行ったのですが
入ってすぐに「あの鳥の鳴き声がする!」と行ってみれば、
日本の野鳥が展示されている檻にその鳥が居て
あの鳥の声はホオジロの鳴き声だとわかりました。



で、この図鑑でホオジロを調べてみた所
ホオジロのさえずりは「一筆啓上仕り候」
と聞きなすそうですよ。
うちの庭で誰に何書いてたんでしょうね
スポンサーサイト

夜中の美味しい話

DSC02556.jpg


深夜の3時、お腹が空いたので
コンビニでも行こうかと外でフラフラしてたら
真っ暗な商店街(?)に一軒だけ明るい店がありました。
たこ焼き屋さんです


安くて美味しい、屋台の時代からちょっと有名なたこ焼き屋さんで
よく行列が出て来てたりします。私も大好きです。
「こんな時間までやってるんですか?」と聞いたら
今日は予約が沢山入ったから特別らしいです


「最後なので焼きたてを14個詰めてみました」と
特別パックを安くしてくれました。あつあつ美味しいです。
味が選べるのですが、個人的に好きなのはソースにんにく醤油と
粗塩を半分ずつ。外はぱりっと中はトロトロで天かすが入ってて
一粒が小さいので10個は軽くいけちゃうね



夜中の小さなラッキーな話です






そういえば前回の日記の話、
>初対面の人に話すのって結構好き♪でも、この前電車
でご年配の男性に席を譲ろうとしたら華麗に断られた。の人




ああ…まあ、席が必要ない事は良い事ですよね
そして席をゆずるのは良い事です。めげないでください 笑


私は席ゆずったんじゃなくて場所替わっただけなんですよ、
大した事してないんですよね。


私は本読んでたので会話も全然してなくて、
いきなり犬をいただいて「うふふ」って年齢当て聞かれて
え?えーっと…ってなってる間に折り紙の説明され
新宿でうふふっって降りていかれました。


なんか一瞬の出来事だったので
私も周りの人もポカンとしてた気がします。





sidetitleプロフィールsidetitle

green fox

Author:green fox
日記に使われる文法が
おかしくてもあまり気に
しないほうがいいです

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。